ページ本文

第2回(令和2年度)高山空家活用コンテストに出席(令和3年2月27日)

 令和3年2月27日、高山市内に実在する空家の利用・活用方法(アイデア)を募集し、空家活用などを目的とした「高山空家活用コンテスト」が開催されました。当所からは、高山信用金庫より推薦を受け、高山市から審査員を委嘱された南部所長が出席しました。

 コンテストには建築を専攻する方からの具体的な提案だけでなく、学生や企業など様々な層からのアイデアもあり、全21件の提案がありました。

 コンテストは、コーディネーターを中心にリモートで開催し、審査員から提案者への質疑を中心とした公開審査(トークセッション)と、事前に行われた一般投票を通じて優秀作品を決定しました。

 どの作品も工夫を凝らしたものばかりで、審査に予定以上の時間がかかりました。優秀作品の決定後は、アドバイザーによる総評があり、各作品への講評に加えて、空家活用にかかるキーワード”あきやはみらい”が共有されました。

 今後も、空家の新たな活用方法の提案・発信を通じた利活用促進や、市民の空家問題への意識向上が期待されます。

 

高山空家活用コンテストの模様

公開審査(トークセッション)の様子

 

アドバイザーによる総評

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 岐阜財務事務所 総務課
電話 058-247-4111

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader