ページ本文

岐阜聖徳学園大学で財政・経済講義を実施(令和3年6月10日)

 岐阜財務事務所では、6月10日、岐阜聖徳学園大学において教育学部2年生向けに財政・経済講義を実施しました。

 当初は予算編成シミュレーションなどのグループワークを予定していましたが、まん延防止等重点措置の期間延長に伴い、対面での実施が困難となったため、大学のスタジオからウェブ会議システムを活用して、財政・経済講義を行う方法に変更しました。

 このため、グループワークを個人ワークに変更するなどの急な対応が必要となりましたが、チャット機能を活用して受講者の意見を集約して共有するなど、可能な限り対面に近い環境で受講できるよう、講義内容を工夫しました。

 受講者からは、人口減少や高齢化といった問題を踏まえた様々な意見があり、財政のあり方には多様な考え方があることを学習していただきました。また、事前にHPで国の借金について調べたうえでの意見もあり、国の財政問題に対する熱心な姿勢を伺うこともできました。

 コロナ禍で様々な制約はありますが、この財政講義を機に、受講者が国の財政について主体的に考えることで、社会に貢献していただければ幸いです。さらに、将来、教員となられたときには、財政教育の担い手となっていただけることも期待しています。

 

大学での講義の様子(左:宮川教授)

大学での講義の様子(左 宮川教授)

 

ウェブ会議システムでの講義にて、受講者の意見を集約する様子

ウェブ会議システムでの講義にて、受講者の意見を集約する様子

 

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 岐阜財務事務所 総務課
電話 058-247-4111

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader