ページ本文

金融行政アドバイザリー制度の概要について

1.目的

金融行政アドバイザリー(以下「アドバイザリー」という。)制度は、財務(支)局が金融行政を遂行するに当たり、アドバイザリーから金融行政等に関する意見の聴取、金融知識や金融行政の施策の普及・広報活動、財務(支)局職員の知識向上等の財務(支)局が必要とするサポートを受けることにより、財務(支)局が行う金融行政サービスの更なる向上を図ることを目的とする。

2.設置官署及び人員

財務(支)局毎に、5名以内で、財務(支)局長が適当と判断した人員のアドバイザリーを置く。

3.選定方法

アドバイザリーは、財務(支)局長が選定し委嘱する。

4.委嘱期間

アドバイザリーの任期は、委嘱した時から5年以内で、財務(支)局長が適当と判断した期間とする。ただし、再任は妨げない。

5.アドバイザリーの任務

財務(支)局の求めに応じ、金融行政や地元の金融情勢・金融機関の動向、地域の活性化等に関する意見等の聴取、金融知識や金融行政に関する施策の普及・広報活動、財務(支)局職員への研修講師等、金融行政に関するサポートを行うこと。

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 理財部 金融調整官
(TEL:052-951-1863)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader