ページ本文

平成24年度 地域密着型金融に関する取組みへの顕彰について

 東海財務局では、地域密着型金融に関する「特に先進的な取組み」や「広く実践されることが望ましい取組み」を行っている管内の地域金融機関に対し、顕彰を実施しました。
 顕彰の対象については、「中長期的な視点に立った組織全体としての継続的な取組み」や「コンサルティング機能を発揮している取組み」を重点的に選定しております。

1.顕彰日・場所

平成25年3月8日(金曜日)
ウィルあいち(愛知県女性総合センター)

2.顕彰対象の金融機関・取組みのテーマ・顕彰の理由

 
金融機関 取組みのテーマ 顕彰の理由
静岡銀行 外部機関との連携による事業再生支援  中小企業の経営支援について、整理回収機構等の外部機関との連携を強化しているほか、DDSなど踏み込んだ再生支援手法にも積極的に取組んでいる。
十六銀行 取引先企業の海外進出支援  他地域の金融機関との連携による金融サポートに加え、外国人留学生の就職支援等を通じて海外進出のための人材確保を支援しているほか、地元と進出先との広範な分野での交流促進に積極的に取組んでいる。
豊川信用金庫 経営支援ガイドブック発行による地域への情報発信  金融機関のコンサルティング機能や経営支援の取組みを分かり易く紹介しているほか、企業経営者自身の経営改善に対する意識を高める工夫を行っている。
碧海信用金庫 コンサルティング機能を高めるための人材育成  経営改善支援に関する事例集を作成し、営業店職員のノウハウ蓄積を助け、本部でのトレーニー制度やサポート体制で専門的な支援を行うなど、職員のコンサルティング能力の向上に積極的に取組んでいる。
東濃信用金庫 美濃焼産地活性化に向けた取組み  地場産地の課題及び可能性を検討のうえ、地域経済の活性化に向けた積極的な取組みを、地域関係機関と連携しながら継続的に行っている。
岐阜商工信用組合 伸張事業への進出・業種転換支援の取組み  外部から招聘した人材を活用し、業種転換に関するマーケティングを実施して、具体的な業種転換方策を提案するなどきめ細やかな中小事業者の経営支援を展開している。 

※各金融機関の「取組みのテーマ」をクリックすると、取組みの概要がご覧いただけます。

顕彰式の模様

顕彰式における集合写真

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader