ページ本文

平成23年度 地域密着型金融に関する取組みへの顕彰について

 東海財務局では、地域密着型金融に関する「特に先進的な取組み」や「広く実践されることが望ましい取組み」を行っている管内の地域金融機関に対し、顕彰を実施しました。
 顕彰の対象については、「中長期的な視点に立った組織全体としての継続的な取組み」や「コンサルティング機能を発揮している取組み」を重点的に選定しております。 

1.顕彰日・場所

平成24年3月6日(火曜日)
ウィルあいち(愛知県女性総合センター)

2.顕彰対象の金融機関・取組みのテーマ・顕彰の理由

金融機関 取組みのテーマ 顕彰の理由
静岡銀行 取引先企業のアジア進出支援  海外ネットワークの拡充に加え、行内組織の構築や人材育成にも積極的に取組むなど、取引先企業のアジア進出支援を重要な戦略と位置付け、組織全体として継続的に取組んでいる。
静岡銀行 中小企業の「事業継続計画(BCP)」策定支援  個別企業に加え、複数企業集合型のBCP策定支援を行うほか、BCPに必要となるシステム等に関して、ハード・ソフト両面のビジネスマッチングに取組んでいる。
西尾信用金庫 「西三河ハイスクール・起業家コンテスト」の開催  アイデアに止まらず、商品開発・販売から収支管理までを実際に行うコンテストであり、地域の将来を担う若い世代の起業家精神の醸成、地域経済活性化に資する取組みである。
蒲郡信用金庫 ビジネスポータルサイト「愛知ビジネスパーク いざ検索!」の開設  多数の企業に対して手軽で間口の広い販路開拓機会を提供するものであり、近隣の金融機関との連携が広がりをみせているほか、費用対効果も高い取組みである。
高山信用金庫 飛騨地区におけるアグリビジネス支援  農業が盛んな地域の特性に合わせた取組みであり、融資商品の発売のほか、農商工連携や六次産業化の認定取得など農業者の新たな取組みについて積極的に支援を行っている。
浜松信用金庫 「海外ビジネスサポートデスク」の立ち上げによる取引先企業の海外進出支援  外部専門家等とも連携し、海外進出から海外販路開拓まで幅広いソリューションの提案を親身になって行い、地元中小企業の海外進出を総合的にサポートしている。
掛川信用金庫 振り込め詐欺被害防止活動  ATMコーナーでの携帯電話使用自粛をいち早く採用、これが全国に拡大したほか、職員を「安全レディ」に任命し警察署等と連携した防犯活動を継続的に組織全体として取組んでいる。 









































※各金融機関の「取組みのテーマ」をクリックすると、取組みの概要がご覧いただけます。

顕彰式の模様

顕彰式の集合写真

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 理財部 金融調整官
(電話052-951-1863)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader