ページ本文

平成22年度 地域密着型金融等に関する取組みへの顕彰について

 東海財務局では、地域密着型金融に関する「特に先進的な取組み」や「広く実践されることが望ましい取組み」を行っている管内の地域金融機関に対し、顕彰を実施しました。
 顕彰の対象については、「中長期的な視点に立った組織全体としての継続的な取組み」や「コンサルティング機能を発揮している取組み」を重点的に選定しております。
 また、本年度は、改正貸金業法の完全施行後の最初の年であることを踏まえ、一部の地域金融機関において既に進められている「健全な消費者金融市場の形成に向けた取組み」についても、顕彰の対象としております。 

1.顕彰日・場所

平成23年3月28日(月曜日) 東海財務局

2.顕彰対象の金融機関・取組みのテーマ・顕彰の理由

【地域密着型金融に関する取組み】 

金融機関 取組みのテーマ 顕彰の理由
浜松信用金庫 創業・新事業支援機能等の強化 中小企業のニーズに対応した取組みを継続して実施しており、実績もあげている。
磐田信用金庫 産学官の連携強化(がんばる起業応援ネットワーク) 他機関との連携をベースに、ビジネスコンテストと貸出を組み合わせた取組みである。
名古屋銀行 事業承継支援の取組み コンサルティングと資金面の両面サポートを継続的に取組み実績もあげている。
静岡銀行 次世代経営者塾(Shizuginship)を活用した地域中小企業の後継者育成 多彩なセミナー等に多数の後継者等が参加し、継続的な取組みにより成果も上がっている。
スルガ銀行 介護・診療報酬ファクタリングに関する取組み 介護・医療分野での、個人保証や不動産担保に依存しない長期の継続的な取組みである。
中日信用金庫 目利き能力の向上・人財の育成 実践的な職員教育が継続的に行われており、目利き能力の向上を図っている。
大垣共立銀行 地域医療・介護分野への支援 医療分野での継続的な取組みであり、開業支援等に実績をあげている。
静清信用金庫 環境問題への取組み強化 地域とも連携し、多方面にわたって環境問題への取組みを継続的に行っている。
 

 


























【健全な消費者金融市場の形成に向けた取組み】

 
金融機関 取組みのテーマ 顕彰の理由
尾西信用金庫 消費者ローンの積極的な推進と顧客ニーズにあった消費者ローンの提供 顧客ニーズにあった商品の提案等、消費者ローンに積極的に取り組み残高も増加している。
益田信用組合 事業性に対応した消費者ローンの取扱いと融資実行率を引上げる取組み 個人事業主等の資金需要に応えるほか、保証会社と協議し承諾率を引上げる取組みである。
 









※各金融機関の「取組みのテーマ」をクリックすると、取組みの概要がご覧いただけます。

顕彰式にて出席者が着席している様子

顕彰式の様子

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 理財部 金融調整官
(電話052-951-1863)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader