ページ本文

愛知中小企業家同友会との意見交換会を開催(令和元年11月27日)

 通算11回目となる愛知中小企業家同友会との意見交換会が開催され、同友会から会長、代表理事をはじめ役員15名、当局から局長、総務部長など11名が参加しました。
 冒頭の両代表の挨拶の後、当局から東海地域における最近の経済情勢や設備投資に関する調査結果の報告のほか、金融行政の今後の方針について説明し、その後、同友会から金融機関の事業性評価など金融に関するアンケート調査結果について報告されました。
 引き続いて行われた日本の財政に関する意見交換では、当局から国の財政の現状について説明した後、参加者から今年10月の消費税率引上げに伴う経営への影響や関連施策に関する意見のほか、財政健全化と経済成長とのバランスをどう考えるかなど多岐にわたって意見が交わされました。
 企業経営者の皆様からの声は非常に貴重なものであり、今後も地域の企業が抱える課題の把握と解決に向け、こうした意見交換を継続してまいります。
 

意見交換会の様子

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 総務部 総務課

電話 052-951-1814

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader