ページ本文

東海財務局のワークライフバランス

すべての職員が仕事で、家庭で、いつも輝けることを目指します

 東海財務局は、性別に関係なくすべての職員が活躍することができる職場です。結婚、出産、育児等のライフイベントに直面する中で仕事を続けていくには、柔軟な働き方が必要となります。

 東海財務局では、全ての職員がライフステージに合わせた働き方を可能とし、かつ意欲と能力も十分に発揮できるような職場づくりに取り組んでいます。

 

主な両立支援制度

出産・育児等にかかわる休暇等の制度一覧表

 財務局では、働き方の改革による仕事と育児・介護等の両立を実現するため、また女性の一層の活躍を推進するため、「財務局女性職員活躍とワークライフバランス推進のための取組計画」を策定し、両立支援制度が活用しやすく、また活用した後も、本人のキャリアプランを踏まえ、安心して仕事と生活の両立が実現できるよう、職場環境の整備に取り組んでいます。
 なお、東海財務局では平成21年度以降の該当女性職員の育児休業取得率は100%となっています。また、これまでに男性職員の育児休業取得実績もあります。

ワークライフバランスを推進する様々な取組み

 東海財務局では、女性活躍とワークライフバランス(以下、WLB)実現に向けて、「財務局女性職員活躍とWLB推進のための取組計画」に基づき、「働き方の改革」「育児等と両立して活躍できるための改革」「女性活躍推進のための改革」を3つの柱として取り組んでいます。

幹部職員メッセージの写真

◆ 幹部職員メッセージ
 幹部職員が働き方改革の必要性のメッセージを全職員に対して継続的にメール配信しているほか、幹部自らもWLBに取り組むことを宣言。職員に向けて強いメッセージを伝え、組織全体でWLBの充実を目指しています。

各課のワークライフバランス宣言の写真

◆ 各課のWLB宣言
 各課がWLBについての目標を設定、宣言をしています。全職員が目標に向かって、自主的に業務改善等に取り組むことにより、全職員がWLBの認識を共有し、意識の醸成を図っています。

ランチミーティングの写真

◆ ランチミーティング
 他部署の職員とのネットワーク形成や仕事と育児に関する情報交換を目的としたもの、幹部職員と育児中職員が仕事への向き合い方を意見交換するもの等、お昼休みを利用して、様々な形式で開催しています。

育休者と先輩ママ職員との懇談会の写真

◆ 育休者と先輩ママ職員との懇談会
 育児休業により長期間職場を離れている不安や仕事と育児の両立に対する不安を解消できるよう、両立支援制度の説明や先輩ママ職員との情報交換を行う懇談会を開催しています。

女性カウンセラー・メンターの写真

◆ 女性カウンセラー・メンターの設置
 仕事や育児の悩み事や職場での心配事を相談できるように、カウンセラー制度・メンター制度を導入しています。

 

Q&A

Q 結婚・出産をする女性職員は多いですか。辞めずに続けていますか。
A 結婚・出産をする職員はたくさんいますが、結婚や出産を機に退職する職員はほとんどいません。産前・産後休暇、育児休業等を取得した後に職場復帰して、両立支援制度を利用しながら、仕事と育児を両立しています。
Q 男女で扱いに違いはあるのでしょうか。
A 業務内容に差はありません。また、財務局では意欲的な女性の積極的な採用・登用に努めており、年々、その割合も上昇しています。
Q 転勤は多いですか。
A 男女に限らず、職員は概ね2年から3年のサイクルで人事異動があります。居住地によっては、転居を伴う場合もありますが、人事異動に当たっては、勤務地や仕事の希望のほか、一身上の都合等についても聴取の上、人事異動を行っています。

両立支援制度を利用している職員からのメッセージ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader