ページ本文

両立支援制度を利用している職員からのメッセージ

両立支援制度を利用している職員からのメッセージ

 東海財務局には、両立支援制度を利用しながら仕事と育児を両立している女性職員がたくさんいます。両立支援制度を利用しながら自分らしい働き方を実現している女性職員からのメッセージを紹介します。

鈴木清香(平成13年度入局 東海財務局管財部第二統括部門 国有財産管理官)

鈴木清香

 大学時代において、結婚、出産というライフイベントについて明確な人生設計をすることはとても難しいと思います。しかし、遠くない未来において、自分が父親、母親になると想像したとき、『仕事も家庭(育児)も両立したい!』そう漠然と思う人は少なくないのではないでしょうか。
 私は、産前・産後休暇と育児休業をあわせて3年4ヶ月取得し、2人の子供を出産しました。仕事と家庭の両立は大変なことも確かにあります。常に時間との闘いです。しかし、「仕事をやめよう」と思ったことは一度もありません。それは、母になっても家庭(育児)だけでなく、自分が自分らしく頑張れるフィールドが財務局にはあるからです。研修制度の充実、男女分け隔てなく専門的業務に従事できることなど、育児休業というブランクがあっても本人の努力次第で輝ける職場の雰囲気があります。また、子供の突然の病気などにおいては、子の看護休暇を取得することができ、安心して育児に専念することができます。
 「仕事と子育ては両立できますか?」そう聞かれた時、頑張れるかどうかは自分次第です。しかし、仕事においては周りの理解、サポート体制が何より大切です。両立支援制度が充実し、活用しやすい財務局は、子育て世代にとって大変働きやすい職場だと自信をもってお勧めできます。

中田幸永(平成17年度入局 東海財務局総務部財務広報相談室 広報相談係長)

中田幸永

 平成23年に娘を出産し、産前・産後休暇と育児休業をあわせて2年4ヶ月取得しました。その間は、代替職員の方を採用して頂きました。
 育児休業中は、日々成長していく子供の姿を直にみることができ、かけがえのない時間を過ごせたと思っています。
 長期間職場を離れることに、不安はありましたが、育児休業中は職場の情報を提供して頂いたり、先輩ママ職員による懇談会を実施して頂いたりと、復帰前の不安を減らすことができました。
 復帰後は、早出遅出勤務という制度を利用させて頂き、1日の勤務時間を変更することなく、通常の勤務時間より始業・終業時間を早め、勤務しています。その他にも勤務時間を短縮する制度(育児時間)もあり、自分のライフスタイルにあった勤務体系を選択することが可能です。子供の病気等で休みを取る必要があるときには、子の看護休暇を利用でき、大変ありがたいです。子供がいると、時間に制限があり、職場の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、周りのサポートや両立支援制度のおかげで子育てをしながら働くことができています。
 東海財務局は、仕事と子育ての両立に積極的に取り組んでおり、とても働きやすい職場だと実感しています。制度自体も年々充実し、利用している職員も沢山います。
 将来、仕事と子育てを両立したいと思っている方には、お勧めの職場だと思います。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader