ページ本文

東海財務局管内の経済情勢報告(平成30年7月)

東海財務局は、管内分の経済情勢報告(平成30年7月判断)を公表しました。
報告の概要は以下のとおりです。

総括判断

緩やかに拡大している。

判断の要点

個人消費は、コンビニエンスストア販売がおおむね横ばいで推移するなか、スーパー販売が持ち直しつつあることに加え、ドラッグストア販売が増加し、百貨店販売で緩やかな持ち直しの動きが続いているなど、全体では回復している。生産活動は、輸送機械や金属工作機械を中心に緩やかに拡大している。こうしたなか、有効求人倍率が引き続き高水準となっているなど、労働力需給は引き締まっている。

詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局総務部経済調査課
電話:052-951-2632

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader