ページ本文

三重県内の大学において財政等に関する講義を実施中

  • 平成28年6月に公職選挙法が改正。選挙年齢が満20歳以上から満18歳以上に引下げられたことを踏まえ、若年層、特に、大学生を対象として、「国の財政等」に関する広報にアウトリーチしています。
  • 講義内容については、学校側のニーズを採り入れて設定します。
  • 講義終了後には、大学長や担当教授との「振り返り」を行い、次回の講義に繋げています。

講義の模様

グループワークの模様

講義内容

国の財政の現状

  • 歳入歳出の各項目、公債残高の推移、社会保障費の増加要因などを、グラフを用いて解りやすく説明します。
  • 講師から学生に対し「将来の社会保障等についてどう考えるか」を問い掛けするなど、学生自身の「考える力」を醸成します。

三重県内の経済情勢

  • 経済調査に関する業務で収集した「消費」、「生産」などの各種データを基に、三重県内の経済動向を説明します。
  • 企業へのヒアリングで把握した企業の「生の声」を学生にトピックスとして提供します。

金融リテラシー(金融の基礎知識)

  • 大学生活で一人暮らしを始める学生や、就職先が決定している学生が社会人として経済的に自立できるよう、金融に関する基礎的な知識と判断力(金融リテラシー)を身に付けます。
  • 講義の中では、ライフプランと必要な資金を学生自身に考えてもらうことや、携帯電話に不正請求があった場合の対応方法をグループで事例研究するなど、アクティブラーニングを採り入れます。

講義の実施状況

平成29年度以降の実施状況
実施日 大学名 受講生 受講者数 講義内容
平成29年6月9日 四日市大学 1年生 215名 日本の財政、金融リテラシー
平成29年6月16日 鈴鹿大学 1から2年生 130名 日本の財政、県内経済
平成29年6月29日 三重大学 2から4年生 115名 日本の財政、県内経済
平成29年7月20日 四日市大学 2年生 20名 金融リテラシー
平成29年11月1日 三重大学 1から2年生 15名 日本の財政、社会保障
平成30年1月5日 高田短期大学 1年生 60名 日本の財政、金融リテラシー
平成30年1月19日 三重短期大学 1から2年生 42名 日本の財政、社会保障
平成30年1月25日 皇學館大学 全学年 29名 日本の財政、社会保障
平成30年6月8日 四日市大学 1年生 226名 日本の財政、金融リテラシー

津税務署(租税教育推進協議会)ともコラボして、以下の学校で講義を実施してます。
 
平成29年度の実施状況
実施日 大学名 受講生 受講者数 講義内容
平成29年11月9日 三重短期大学 1から2年生 15名 日本の財政、金融リテラシー
平成29年11月22日 鈴鹿工業
高等専門学校
2から5年生 40名 金融リテラシー
平成30年2月20日 三重県立聾学校 高等科3年生
専攻科2年生
9名 金融リテラシー

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 津財務事務所 総務課
電話 059-225-7221

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader