ページ本文

「財政投融資制度」「財政融資資金の貸付金利」等について

財政投融資

一般的に政府の行う経済活動を「財政」といい、その財源は租税及び有償資金(金利を付して返済する必要のある資金)からなります。財政投融資とは、この有償資金を用いて民間では実施が困難な大規模・超長期プロジェクト等を実現するための長期の資金供給を可能とするシステムです。

「財政投融資制度」について詳しくお知りになりたい方はこちらをクリックして下さい。

財政投融資改革

平成12年5月に「資金運用部資金法等の一部を改正する法律」が成立し、平成13年4月、財政投融資制度の改革が行われました。
この改革では、従来の財政投融資制度の根幹であった郵便貯金・年金積立金の資金運用部への預託義務を廃止し、特殊法人等の施策に真に必要な資金だけを市場から調達する仕組み等の抜本的な転換が図られました。
なお、市場から調達等した資金を管理する特別会計として新たに「財政融資資金」が設けられました。

「財政投融資改革」について詳しくお知りになりたい方はこちらをクリックして下さい。

財政融資資金の「貸付金利」

財政融資資金は財投債を発行して市場から必要とする資金を調達していることから、その貸付金利についても市場金利に基づき毎月改定されております。

財政融資資金の「貸付金利」について詳しくお知りになりたい方はこちらをクリックして下さい。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader